(左から)初期状態・吸入行程・圧縮行程

(左から)燃料へ点火・爆発行程・排気行程

4ストローク機関

一般的なガソリンエンジンの4つのステージは以下の通り。 この間にクランクシャフトは2回転する。

  1. 吸入行程: ピストンが下がり混合気(燃料を含んだ空気)をシリンダ内に吸い込む行程。
  2. 圧縮行程: ピストンが上死点まで上がり混合気を圧縮する行程。
  3. 爆発行程: 着火された混合気の爆発によりピストンが下死点まで押し下げられる行程。
  4. 排気行程: 慣性によりピストンが上がり燃焼ガスをシリンダ外に押し出す行程。

ディーゼルエンジンの場合は内容が異なり。

  1. 吸入行程: ピストンが下がり、空気のみをシリンダ内に吸い込む行程。
  2. 圧縮行程: ピストンが上死点まで上がり空気のみを圧縮する行程。
  3. 爆発行程: 空気が高温になったところで、副室式では予燃焼室または過流室内に、直噴式ではピストン頂部の燃焼室内に燃料が噴射され燃焼が始まり、空気の膨張力によりピストンを下死点まで押し下げる行程。
  4. 排気行程: 慣性によりピストンが上がり、燃焼ガスをシリンダ外に押し出す行程。

下の原理図をクリックしてください
もっとリアルに見られます。

丸谷自動車が解りやすくご説明いたします。
左図のように金属のすり合わせる部位が数多く存在するため潤滑油の性能が非常に重要となります。潤滑油が左右するすり合わせ抵抗は加速、燃費はもちろんエンジンの寿命に大きく影響します