ここではオートマのおおまかな構成とATFの役割、また交換時期を教えます。

かなり省略している動画ですが、オートマの内部はATFで満たされ且つ各部の潤滑、発生油圧で各部をコントロールしています。下図左が新油で右側が新車から6万5千キロ走行時のATFです。
こげ茶色に変色しているのは摩擦による劣化です。
 交換サイクルは2万キロ毎が推奨です。お勧めオイルはぜひザーレンをどうぞ。
交換もプロの店で!ATFは使用量を間違えるとトラブルの原因になります。

 燃費にはどういう風に影響するかといいますと、ATFの劣化でクラッチがスリップし伝達効率が悪化します。よってエンジン回転だけが高くなってクルマが前に進まない現象が発生します。また変速自体不可能になって低速ギヤでのみ走行することtなります